製菓専門学校へ行こう!

製菓専門学校の選び方

製菓専門学校の選び方

製菓専門学校の選び方 製菓専門学校を選ぶ上で、卒業した時に自分の狙い通りの結果を得られるかどうかを決めるポイントが3つあります。
1つは卒業生の進路です。どのような人間として活躍できるかを具体的にイメージすることができます。2つめはその学校のカリキュラムです。学校では座学や実践を通じて様々な知識を獲得し、将来に役立てます。そのためどのようなことを学ぶかを把握しておくことは非常に重要です。最後はオープンキャンパスです。現場で実際に学んでいる人、教えている人と話、その考え方を聞いたり、自分の疑問に思っていることをぶつけることでイメージと実際のギャップを知ることができます。
書面には表現できないリアルな話も対面では聞くことができますので、とても参考になります。同じ進路でも何を学んだかで個性は異なり、それは各製菓専門学校で学べる内容に依ります。どこを選ぶかは極めて重要な問題ですので、選び方はイメージだけで決めたりせずに、相手のことをしっかり知って自分の目指す方向と合っていることを確認した上で決めると良いです。

どのような学科があるのか

どのような学科があるのか 製菓専門学校の学科は、それぞれの学校でアプローチが別です。
ある学校では洋菓子や和菓子作りをする製菓、製パンの基本を身につける内容を提案している一方で、パティシエ科やカフェビジネス科というように自分の目的に合わせて選べるようになっている学校もあります。また製菓専門学校によっては、授業を通してフードアナリストやフードコーディネーター、スイーツコンシェルジュといった資格取得を目指すことも可能です。資格取得のできる学科のある製菓専門学校では食に直結している資格以外にも、彩りよく配色できる知識を身につける色彩検定について学べる場合もあります。
各学校では様々なアプローチの仕方でのコースが用意されているため、製菓専門学校はどこでも学べることは同じというわけではありません。このためいくつかの学校についてホームページや資料請求で情報を得て、自分の目的に合っていて納得のできる学校選びが大切です。更にオープンキャンパスに参加することでそれぞれの学校の雰囲気に触れられる他、実際に授業を体験することもできるようになります。