製菓専門学校へ行こう!

製菓専門学校の情報はここから!

製菓専門学校はオープンキャンパスをやってる?

製菓専門学校はオープンキャンパスをやってる? 製菓専門学校とは、文字通りお菓子の作り方を学ぶ学校で、菓子職人やパティシエを目指す人を対象としています。
製菓を学ぶには、製菓専門学校のほかに、調理師学校に製菓コースがあったり、高等学校で製菓科があるところや大学や短期大学でも専門の課程があったり、いわゆるお菓子教室的なスクールがあったりとさまざまな選択肢があります。
製菓専門学校に着目しても、規模や内容、得意分野が違うことがあり、また、厚生労働大臣が指定する製菓衛生師養成施設の認定を受けているか、学校法人か、職業訓練施設かなどの違いもあるので、チェックするべき点がたくさんあります。
そこで進路選びにぜひ活用したいのがオープンキャンパスです。
多くの製菓専門学校では、オープンキャンパスを実施していて、学校見学や進学相談をおこない、実際のお菓子作りを体験できることもあります。
学校によっては予約制のところもあるので、日程をよく見て計画的に参加することが必要です。

製菓専門学校で先輩と親しくなることのメリット

製菓専門学校で先輩と親しくなることのメリット 製菓専門学校には、将来ホテルやレストランやケーキ屋さんなどでパティシエとして活躍したい、という人が多く集まっています。
同じ目標を持っている仲間と一緒に勉強し技術を磨いてくのはとても楽しいコツです。
授業ではお菓子作りの基本に加えて道具の正しい使い方さらには、食品衛生学などいろんなことを学べますので多くの経験をつちかうことが出来るでしょう。
しかし、楽しく学ぶために製菓専門学校に通っている先輩と親しくなることも重要です。
たとえば、何度挑戦してもうまく作ることが出来なかったスポンジケーキ、どうすればいいかわからない、といったときに同じような経験をした先輩からは、失敗しないためのちょっとしたコツや技術を学べますし、スランプに陥った時でも目標に向かって進む強さなどを経験を通して教えてもらえるます。
同年代の人から学べないようなことでもたくさん教えてもらえますので、ぜひ親しくなったたくさんの知識と経験を教えてもらいましょう。